ホテル・ゲストハウス研究2

ホテル・ゲストハウス研究2
Villa Sarika,Pakbeng 2013.12.30
ルアン・プラバンからスローボートに乗って8時間、ようやく今日の宿泊地パークベンに到着。船着場から急な崖を登り町へはさらにだらだら坂を上がっていく。今回はスーツケースだったので我々に狙いをつけたポータ達が我々の荷物を勝手に引っ張っていくそのあとをついて着いた宿がここヴィラ・サリカ。
ポーターとチップでひとモメあったけどリバービューの部屋は川の旅の途中という雰囲気満載でなかなか良い。

翌朝、宿で作ってもらった船の中で食べる用の豚肉乗せチャーハンを持ってチェックアウトしたのだが、エントランスの前で宿の若いご主人が売っていたバインミー、うまそうだったな。

f0154886_1326189.jpg
[PR]
# by kokonoma_italy | 2014-02-01 13:27 | 201312/ThaiLaos

ホテル・ゲストハウス研究

ホテル・ゲストハウス研究
2013年12月31日、僕たちがフエサーイで泊まったGateway Hotelはパークベンからのスローボートが泊まる船着場から歩くこと15分、タイへ渡る船着場のそばに建つ。ラオスの人は大変綺麗好きでここの床もピカピカに磨き上げられている。当然土禁だ。向かいのマニラート寺院へ上がる階段からも見える3階の角部屋で大晦日夜遅くまで続くカラオケの音の中、いつの間にか眠りにつく。

Rimping Village,Chiang Mai
Sayo River guest house,Luang Prabang
Villa Sarika,Pakbeng
Gateway Hotel,HuaiXay
Baan Warabordee Hotel,Chiang Rai
Sirilanna Hotel,Chiang Mai
Rachamankha,Chiang Mai
f0154886_1324434.jpg
[PR]
# by kokonoma_italy | 2014-02-01 13:25 | 201312/ThaiLaos

江景

群山から列車を乗り換え、1時間ほどの小さな町。
地球にも載ってない街で印刷したグーグルマップを頼りに歩く。
中心街、と言っても小さなものだがお祭りをやっており昔懐かしいぽん菓子が出ていて
たびたび耳をつんざく爆発音。
旧中心街らしい地名を頼りに歩くと大きなレンガ作りの建物を見つける。
さらに行くと、日本家屋が並ぶ小路にでる。間違いなくかつての中心街。時々建物に刻まれた日本の文字。
川の方向に行くと出会えたこの建物。川港で栄えた江景の面影を伝える薬問屋の建物。
いい建物残ってるよな。
f0154886_21364613.jpg
[PR]
# by kokonoma_italy | 2012-07-22 21:38 | 201203/韓国

群山

群山の見所ガイド。
博物館もよくできてるし、何しろ徒歩圏内のそこかしこに1930年代の住宅が残る。
しかも現役。
街の一角ではまとまった街区ごとの保存整備が行われている真っ最中。
f0154886_21105767.jpg
[PR]
# by kokonoma_italy | 2012-07-22 21:17 | 201203/韓国

韓国 家物語3

ヨンサン9:35発セマウル1153号に乗る。
ローカル線で約3時間グンサン駅に到着。タクシーで街の中心へ行き、ホテル探し。
温泉マークの付いたオープンしたてのモーテルを見つけチェックイン。35,000ウォンなり。
そして街歩き。行って驚いたのだがグンサンは1930年前後の家や街並みを積極的に再生保存し観光資源として活用をはじめている。街歩きマップまである。今でも現役の日本家屋も数多く残る。この写真の家は1階は増築された上にタイルで固められ、2階は雁行屋根が1つにまとめられているが、当時の家の形が透けて見える。形は変わっても住み続けられる幸せ。
f0154886_22195853.jpg
[PR]
# by kokonoma_italy | 2012-04-22 22:33 | 201203/韓国