<   2008年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

帰国

6月29日最終日。
4:30起床。
5:30チェックアウト。
空港へ。
もう見たなれた感じのスワンナプーム空港。最後に再び乳海攪拌で記念撮影。
チェックインの後、お土産選び。
f0154886_1355964.jpg

バンコクは駆け足だったので、今度はチェンマイもいれてタイだけで来てみようと思う。
日本に戻ってきて最初に食べたご飯は、空港内の寿司、蕎麦セット。
東京は雨だ。
f0154886_1361931.jpg

[PR]
by kokonoma_italy | 2008-08-03 09:49 | 200806/タイ・カンボジア

バンコク

夜、バンコクへ移動。
大都会。でも空港からホテルまでの信号待ちの間には物売りの子供達。
夜ご飯は飛行機の中で食べたので、ホテルの中でシェムリアップのパン屋で買った
ココナッツパンで済ます。
翌朝(6/28)、9:00出発。BTSでアソークからサパーン・タクシン駅へ。
水上バスに乗り、バンランブーへ。船は17バーツ。
f0154886_12591385.jpg

バンランブー市場、カオサンロード散策。途中暑くてオレンジ生絞りジュースを屋台で買う。
10バーツ。おいしい。
ワット・プラケオ
f0154886_12595198.jpg
ワット・ポーf0154886_1302127.jpg
ワット・アルンへは、渡し舟で3.5バーツ。
入り口にガイド本にも載っている記念撮影用の顔を出して撮影すると
40バーツ撮られるというボードがあった。ちゃんと40バーツって書いてある。
おそらく地元の写真部の学生がたくさん来ていた。
急な階段を上がった上から見るバンコクの街並みに感嘆。やっぱり大都会。
f0154886_1305031.jpg
ここで2時。とにかくおなかがすいてワットポー側の船着場に戻り近所の屋台で
パッタイを食べる。甘くて、濃厚な味がおいしい。50バーツ。
f0154886_1323075.jpg
タクシーに乗って、ウィマンメーク宮殿。メータータクシーだが何故か交渉制。
交渉も面倒なので150バーツで行ってもらう。高い。
到着は4時を過ぎていたが最後のガイドツアーに入れてもらえる。
全部裸足で見学。写真撮影は禁止。ツアーガイドの英語ぐらいがわかると楽しいだろうに。
見学後、ビクトリモニュメント駅まで徒歩。
途中動物園、宮殿のお堀にはでっかいトカゲ?
f0154886_1342965.jpg
途中雨に降られるが、コンビニが多くて助かる。
BTSに乗りプロムポンまで。
タイ式マッサージを90分ゆっくり堪能。
夜、ホテルのレストランでディナー。
1日歩き通し。疲れた。
[PR]
by kokonoma_italy | 2008-08-03 09:47 | 200806/タイ・カンボジア

アンコール遺跡について

2日間でアンコール遺跡を回るとアッチも遺跡、コッチも遺跡で
おなかいっぱいになってしまう。
バイヨンとアンコールワットとタ・プロームは別格としてもあとは何がなんだかという感じでは。

日本に帰ってきてから本を読んでいて気づいたこと
年代順に遺跡の平面形態を並べてみる。
↓おすすめ本です。
『アンコール・ワットへの道 クメール人が築いた世界遺産』 文・石澤良昭 写真・内山澄夫

<①境内に小祠堂があるのみ>
プノン・バケン(10世紀初め)
<②5点型の塔堂の周囲に細長い建物が建ち並ぶ>
東メボン(952年)
プレ・ループ(961年)
バンテアイ・スレイ(967年頃)
<③塔堂の四方に前室が加わる>
タ・ケウ(1000年頃)
<④塔堂の周囲の細長い建物が回廊になる>
ピミアナカス(10世紀末)
<⑤独立して建っていた5点型塔堂が回廊で接続される>
アンコール・ワット(12世紀前半)
<⑥伽藍内部の建物が増加しそれらを回廊が複雑に接続する>
タ・プローム(1186年)
プリヤ・カン(1191年)
なるほど。
あと動物のレリーフだけ写真を撮るとか、地面だけ撮るとか楽しみかたはいろいろ。

まさにアンコールの道
アンコール・トム
f0154886_12539100.jpg
バンテアイ・スレイf0154886_1263882.jpg
バンテアイ・スレイへ行く途中の高床式住居がならぶ道
f0154886_1274318.jpg
バンテアイ・クデイf0154886_128671.jpg
プリヤ・カンf0154886_1294017.jpg
そして最後にアンコール・ワット
f0154886_11524216.jpg

[PR]
by kokonoma_italy | 2008-08-02 11:09 | 200806/タイ・カンボジア